死ぬまで人間らしくあるために

40代主婦です。現在はダイエット記録ブログになっています。165cm58kg27%→54.5kg(BMI20)20%目指し中。「軽く速く動ける体」になりたい!

本の感想

本物の空腹とは?~「少食を愉しむ」より~

ドミニック・ローホーさんの著者: 「少食を愉しむ」 少食を愉しむ シンプルにやせる、太らない習慣作者:ドミニック ローホー幻冬舎Amazon の中に、「本物の空腹とは、どんなものか」について書かれた部分があります。 ≪本当の空腹とは、胃の周りに溝が出来…

「人間らしさ」を保つ極意~曽野綾子「一人暮らし」の感想~

今日は、過去の「本の感想」をふり返りつつ、 曽野綾子さんのエッセイ: 「一人暮らし」(興陽館) 一人暮らし―わたしの孤独のたのしみ方 作者:曽野 綾子 興陽館 Amazon についての感想を書きたいと思います。 私が、ここ1年くらいの間に読んだ本たち: 小…

数学と”一体化”した数学者・岡潔~森田真生「数学する身体」の感想③~

このところ、めっきり涼しくなりました。 温かい緑茶が美味しく感じられます。 引き続き、 森田真生「数学する身体」(新潮社)数学する身体(新潮文庫)作者:森田真生新潮社Amazon の感想を書いていきたいと思います。 昨日の記事にも書いたように、第3章…

チューリングの切ない恋情~森田真生「数学する身体」の感想②~

今日は 森田真生「数学する身体」新潮社 数学する身体(新潮文庫) 作者:森田真生 新潮社 Amazon のうち、 第2章のまとめ&感想 です。 ---第2章 計算する機械----- <この章の構成> ・Ⅰ節 証明の原風景(古代ギリシア数学について) ・Ⅱ節 記号の発見(…

数学の世界へと、優しくいざなう声~森田真生「数学する身体」の感想①~

久しぶりに、数学の話題です。 前々から気になっていた、数学についてのエッセー本: 数学する身体 (新潮文庫) 作者:真生, 森田 新潮社 Amazon 森田真生「数学する身体」(新潮社) を読む機会に恵まれたので、その感想を少しずつ書いていきたいと思います。…

長年の問いに答えてくれた本~曽野綾子「『集団自決』の真実」の感想~

夏休みも終盤にさしかかり、そろそろ3度のご飯のネタも尽きてきたところですが・・・ 先日、素敵な本に出会いました。 今までモヤに包まれていた自分自身の内面を、明るく優しく照らしてくれるような本です。 沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住…

「アンダーグラウンド」「約束された場所で」の感想・まとめ~2つの「現実」~

---【お知らせ】------- 前回の記事に、「地下街ガス爆発事故(Wikipedia)」のリンクを貼り、加筆修正をしました。 tsubu-yaki.hatenadiary.com ------------ 前々回の記事で、村上春樹さんの 「約束された場所で」 (オウム信者・元信者へのインタビュー)…

私にとっての「地下」~村上春樹「アンダーグラウンド」の感想~

アンダーグラウンド (講談社文庫)作者:村上春樹講談社Amazon前回の「約束された場所で」約束された場所で (underground2)作者:春樹, 村上文藝春秋Amazonに続いて、 「アンダーグラウンド」 の感想を書きます。 まだ全部読み終わっていないのですが…。 一つ思…

今の時代じゃありえない?~村上春樹「約束された場所で」の感想~

数学の勉強の合間に、村上春樹 「約束された場所で」約束された場所で (underground2)作者:春樹, 村上文藝春秋Amazonを久しぶりに再読しました。読んでみて、いろんな思いがよぎったので、ここに感想を書いておこうと思います。(断っておきますが、あくまで…

「ケチじょうず」シリーズ2作の感想②

前記事の続きです。 「ケチじょうずは捨てじょうず」ケチじょうずは捨てじょうず作者:小笠原洋子発売日: 2020/12/03メディア: Kindle版 を購入しようと思った理由は、・旧作から年月を経て、現在の著者がどのような暮らしをしているか知りたかったから・コロ…

「ケチじょうず」シリーズ2作の感想①

小笠原洋子さんが著した「ケチじょうず 美的倹約暮らし」ケチじょうず作者:小笠原洋子発売日: 2020/01/24メディア: Kindle版 という本に、大いに影響を受けています。 ・収納箱はなるべく持たない(あると、物を増やすことになる) ・欲しい物は買わない(多面…